せきかのゲーム発信局

シャドウバースをメインに情報発信・ブログを運営します。

【仮想通貨】仮想通貨の2019年を予想!今後の見通しは!?

f:id:skc107xem:20190117040223j:plain

 

 2018年大きな話題となり仮想通貨元年とも言われていた仮想通貨ですが、結果的には低迷してしまった年になりましたよね。代表的な通貨のビットコインでは2018年1月頃は1コイン=200万円くらいあった価値が、2019年1月現在では約40万円と大きく価格を落としてしまいました。

 

 2018年は様々なメディアにも取り上げられて、日本でも大きな注目を集めていた仮想通貨ですが、熱が冷めつつある今ですが未だに各国の投資家から熱視線が送られています。

 

では、2019年どのような動きが予想されるのでしょうか?

今回は仮想通貨の今後について詳しく予想していきましょう。

 

 

2018年の仮想通貨

f:id:skc107xem:20190117040410j:plain

 2017年末〜1月上旬にかけて高値を更新し続けていた仮想通貨ですが、1月中旬から急落しました。代表的な通貨ビットコインで挙げると、1月上旬最高値1BTC=約220万円まで上昇していたのが、1ヶ月で約1BTC=100万円まで下落。勿論、他の代表的な通貨も同様に大暴落をしました。

 

1月の大暴落の主な要因として考えられているのは、

 

各国の規制強化

取引所のハッキング被害

 

この2点が主な要因として考えられています。

 

暴落の皮切りとなったのが1月中旬から、各国の仮想通貨に対する規制を行い始めたことです。

取引所も閉鎖となり、仮想通貨に対しての市場心理が悪化したことが原因で多くの売りが入りました。

また、仮想通貨で大きな影響力を持っていた中国が規制の動きを見せたことも大きな要因として挙げられています。

 

そして、決定打となったのが日本でも大きなニュースになった「コインチェックNEM流出事件」のような取引所ハッキング事件。

 

当時、日本では社会問題にまで発展するほどの仮想通貨ブームが起きていました。

 

しかし、連続するハッキング被害のニュースから仮想通貨に対して安全面が不安視され、暴落をさらに加速させる展開になりました。

 

暴落後、2月にはおよそ半値で落ち着きましたがその後もポジティブな情報も少なく、下落トレンドから抜け出せずに2018年末は1BTC=約40万円で仮想通貨の2018年は幕を下ろしました。

 

2019年の仮想通貨はどうなる?

 

 2019年始まってまだ間もないですが、仮想通貨はどのような動向を見せるのでしょうか?

ニュースによって価格が左右されるので、何が起こるかわからない市場ですが2019年上昇の鍵となりそうなキーワードが「本当に価値のある通貨」です。

 

 本当に価値のある通貨って一体どういうことなのかと言いますと、2017年は仮想通貨が爆発的に価格を上昇させた年でほとんどの銘柄が価格を上昇させました。

言ってしまうと、誰がどの通貨を買っても儲かっていました。

 

今後、そのように仮想通貨自体が期待されて全体的に上昇する。という流れはないとは断言できませんが現実的に考えて難しいでしょう。

 

どのように活用されるのか?実用性はあるのか?

 

 

これが最も大事になるのではないのでしょうか。

今までは、投機の関心のみで取引をされていましたが、今後は通貨としての実用性が問われるステージだと予想します。

 

実用性が高まれば、需要も増加しますし必然的に通貨としての価値が上がります。

2019年はこのような将来性がある通貨が、本当の評価を受けて価値を伸ばしてくるのではないのでしょうか。

 

昨年では、話題で儲かりそうだからなんとなく買ってみたというような方が大半をしめていたのが仮想通貨の実態です。

仮想通貨バブルの崩壊で、そのような方達は大体が撤退しているのでむしろ価格が落ち着いた今年の方がチャンスなのではないか?と思います。

 

仮想通貨で利益を得るには上がってくる通貨を正しく見極める必要があります。

今回、当ブログでは2019年注目の通貨をまとめてみたのでよかったら参考にしてください。

 

2019年注目の通貨

 

 では、2019年注目するべき通貨を3つ紹介させて頂きます。

 

① リップル (XRP

 

 1つ目はリップルです。仮想通貨界隈では有名人の与沢翼さんが20億円を稼いだ通貨としても有名ですよね。

 リップルの注目すべき点としては、現在仮想通貨の時価総額ビットコインイーサリアムに続く3位と人気な通貨でして、GoogleやSBIも投資している通貨です。

 

実用性という部分では、送金を迅速かつ安い手数料でできる通貨でして今後は国際送金システムの実装がされる見通しとなっています。

 

もし、国際送金実装となったら現在1XRP=35円(2019年1月現在)ですが、1XRP=6,000円くらいに到達するのでは?という見通しです。

 

② イーサリアム (ETH)

 

 続いて紹介する通貨がイーサリアムです。時価総額ビットコインに次いで2位と非常に人気の通貨で、マイクロソフトトヨタなどの大手企業やホリエモンこと堀江貴文さんも投資していた通貨として知られています。

 

 実用性という部分で注目されているのが、「ブロックチェーンゲーム」です。

従来のスマホゲームと違って、ブロックチェーンで管理するので運営元が存在しないこと、ゲーム内通貨が仮想通貨というのが大きな魅力です。

 

運営が存在しないので、管理での不具合や不正操作がシステムによる管理なのでできないというところ、仮想通貨がゲーム内通貨なのでリアルマネートレードができたり...なんてことも可能になります。

 

ゲームも現在注目されているジャンルなので、もし実装されていったらイーサリアムもさらなる成長が見込めます。

 

 ネムNEM

 

 最後に紹介させていただくのが、ネムです。

ネムについては、2019年1月現在では1XEM=約6円となっておりまして他の通貨と比べるとかなり手軽に購入できるところも魅力の一つです。

 

さらに、安いだけではなくポテンシャルはどの通貨よりも高いものを持っていまして、「カタパルト」という超大型アップデートが予定されています。

 

世界中からも注目をされているアップデートでして、もしアップデートが行われたら処理速度がどの通貨よりも高速になり、圧倒的なスピードでデータ処理ができるので価格が高騰する可能性を十分に秘めています。

 

ビットコイン:7件/秒
イーサリアム:15件/秒
リップル:1000件/秒
ネム:4000件/秒 

 

仮想通貨おすすめ取引所

 

 2019年の仮想通貨について今回は説明させて頂きました。

これから仮想通貨を取引するにあたってですが、仮想通貨は銀行で買えたりするものではなく正規の取引所でないと取引ができません。

 

最後に、もしこれから取引をしてみようかな?という方のためにおすすめの取引所をまとめてみました!

 

取引所によっては、取り扱いの銘柄だったり手数料も大きく変わってくるのでチェックしておきましょう。

 

最もおすすめの取引所ばこちらのGMOコインです!